過去のニュース

2016年NEWS

2016年9月2日

やまがた技能五輪全国大会(10月21日(金)~24日(月))

毎年チャレンジしている全国大会に「とび」種目で2名が出場決定!

 

--今年の選手--

東京都代表 布施 龍一(山形県立長井工業高校 卒)2014年入社
千葉県代表 菅原 友飛(秋田県立大館工業高校 卒)2014年入社

20歳の精鋭2名が入選目指して頑張ります。

 

今年で「とび」種目は、8回目。 

過去の成績は、金賞3名、銀賞2名、敢闘賞2名と健闘!  

過去の成績はこちらから

2016年8月1日 創業108周年記念日

弊社はお陰をもちまして、持続的な好業績を維持した中、本日ここに
創立108周年を迎えることができました。
これもひとえに各位の絶大なるご支援の賜と衷心より深謝いたしております。
ここに一同覚悟を新たにして社業の向上発展に専念し日頃のご期待に添いたいと
念願致しておりますので 何卒一層のご後援を賜りますようお願い申し上げます。

2016年6月13日 2017新卒採用募集用「リクルート本」が完成 

この度、新卒募集用「リクルート本」が完成

2017年卒の新卒採用募集を開始します。

6月から求人票と一緒に全国の工業高校を中心に高等学校に送付、また学校訪問時には、持参して説明をしています。

毎年、約40名の新卒者(学卒、専門卒、高専卒、高校卒を含む)を採用しています。

リクルート本ダイジェスト動画(再生時間4:10)

リクルート本は、こちらから

リクルート本が必要な方は、こちらから依頼下さい。

2016年5月28日 第13回BCP(事業継続計画)訓練実施

都心南部直下地震発生(発生:28日、午前6時30分)を想定してのBCP訓練実施(東京本社)
朝7時、徒歩で各拠点(本社、他7箇所)を目指して出発(各拠点10km圏内の方々が歩行訓練実施)
9時30分、本社に災害対策本部の設置発令。
12時、昼食は、全員で備蓄非常食(α)を試食。
午後からは、東北支店、名古屋営業所と、テレビ会議システムなどを活用して、災害対策本部会議(写真)を開催。
 

2016年5月11日 「福島浜通り出張所」開所 

福島県で3カ所目の出先となる「福島浜通り出張所」を広野町に開所しました。

福島県における出張先は

県全体を管轄する「福島営業所」

東京電力福島第一原子力発電所の廃炉関連事業を受け持つ「いわき出張所」

今回、浜通りを中心とした復旧・復興事業を担当する「福島浜通り出張所」

が誕生したことにより、より協力に被災地の復興に協力する体制が整いました。

福島浜通り出張所

住 所:福島県広野町下浅見川広長44の3 広野みらいオフィス4階

TEL:0240-28-0607

FAX:0240-28-0608 

広野みらいオフィスは、弊社のお得意先の清水建設様が工事主体となり被災地の復興とまちづくりに協力する目的で建設。

この考えに弊社が共感し協力したいとの想いから実現しました。

   新聞記事はこちらから

 

2016年5月1日 建設の安全「わが社の熱中症予防対策」  

建設業労働災害防止協会(略称:建災防)が発刊している

建設の安全 5月号(2016.5 No.523)

 「わが社の熱中症予防対策」

  -全員の力で一体感ある熱中症予防を!-

 が掲載されました。

 
 
              資料が自由にダウンロードできます。

2016年4月26日 会長インタビュー記事が掲載  

  エスアールジータカミヤ株式会社

 現場にアイディアと元気を届ける! 仮設機材情報マガジン

 IqExpress   2016年4月発行 VOL.3

 

 向井会長のインタビュー記事が掲載されました。

  

 大切なのは、組みやすい足場ではなく、作業しやすい足場を使うこと。

 その思いやりが「ものづくり」の現場を成功へ導く。

 

2016年4月3日 建設職人甲子園 東京地区決勝大会「優勝」 

  4月3日(日)よみうりホールで開催された「第2回 建設職人甲子園 東京地区決勝大会」で、土木統括部 重架設グループが見事「優 勝」致しました。

 

 応援に駆けつけて頂いた皆様、ありがとうございました。

 

また、建設職人甲子園に携わっている関係者全てに「感謝」しています。

本当に、ありがとうございました。

 

来年1月に開催される「全国大会」も全力で挑みます。

2016年4月1日 新入社員 25名入社

桜の花が咲き、若草が萌え立つ、まさに春爛漫の本日、私たちは、ここに総勢25名のフレッシュな仲間を迎えることができ、大変嬉しく思っております。 新入社員の皆さんは、東北から九州までの日本各地において、違った環境の中、それぞれの学業を収められ、思い思いの不安や期待を抱きながら、我が向井建設へ入社されました。 私たち先輩一同、皆さんの入社を心から歓迎すると共に、会社の将来を担う立派な建設人として成長されるよう、しっかりとサポートしていかなければと、強い責任を実感しております。

2016年3月14日 建設職人甲子園 会社紹介PV 

  建設職人甲子園 東京地区予選で作成した会社紹介

土木直轄施工部 重架設グループのPVをご覧下さい。

 

 重架設グループPV(3分20秒)はこちらから

 

4月3日(日)建設職人甲子園 東京地区決勝大会

是非、応援をお願い致します。

 

日時:4月3日(日曜日)13:00~16:30(開場:12:00)

会場:よみうりホール(東京都千代田区有楽町1-11-1 読売会館7階)

チケット:前売り3,000円 当日券4,000円

建設職人甲子園 東京地区事務局

2016年3月11日 東日本大震災から5年、あの日を忘れない!

  東日本大震災が発生し、あれから5年。

 あの日のことを忘れないように

2011年3月11日から4月1日までの対応ダイジェストを改めて掲載致しました。

    5年前の東日本大震災を忘れないように!

2014年2月29日に発刊した

      「東日本大震災 その時私たちは」

        ダイジェスト動画 (10分)

向井建設はこれからも東北地方の復興に向けて最大限努力致します。

2016年2月13日 第2回建設職人甲子園 東京地区決勝大会に出場

  4月3日(日曜日)よみうりホール(東京都千代田区有楽町1-11-1 読売会館7階)で13時から開催されます「第2回建設職人甲子園 東京地区決勝大会」土木直轄施工部 重架設グループの出場が決まりました。 

 

   詳しくはこちらから

 

東京地区決勝大会 

日時:2016年4月3日(日曜日)

   13:00~16:30(開場:12:00)

会場:よみうりホール

   (東京都千代田区有楽町1-11-1 読売会館7階) 

 建設職人甲子園とは、建設業界に関わる人達で「楽しく学び続けることができる環境」「一生涯の仲間との出会いの場」を各地に作り、理念である「共に学び、共に実感、共に輝く」を合い言葉に「日本を元気」にしていく活動。

   建設職人甲子園を詳しく知りたい方はこちらから

皆さん決勝大会の応援よろしくお願い致します。

2016年2月1日 鳶CONの共同運用がスタート

 この度、株式会社吉川組anypage株式会社が運営する建設技能労働者特化のSNS ルサ[CON http://tobi-con.jp/運営におい向井建設株式会社高伸建設株式会社が、新たに加わりました

 

   CON http://tobi-con.jp/

   現場の魅力や職人の技を発信するSNS型ポータルサイト

 

   共同運用に関するプレスリリース

 

 

日本の熟練職人が持つ 技術 や ノウハウ を広くオー プン化し、若い人が憧れるような建設産業/現場そて職人メージを発信し、未来の職人へのPR 、技術の育成、継承ルを創りだす必要があると考えま。そこ、それらを達成することが今後の 経営及び建設産業の未来に必要なことだと位置づ共同運用に至ることとなりました。

2016年1月9日 年初工事安全・社運隆昌祈願祭

向井建設グループ、並びに東京徳友会・東京雄翔会・東京職長会共催による「工事安全・社運隆昌祈願祭」を東京本社にて執り行いました。

江戸総鎮守で、神田須田町の氏神様であります神田明神から神職を招いて粛々と神事が執り行われ、今年一年間の工事安全と社業発展を祈願しました。
今年も安全作業に努めてまいりますので、何卒宜しくお願い申し上 げます。

2016年1月4日 年頭挨拶

新年明けましておめでとうございます。

 本年も、輝かしい新年を迎えられたことを心より感謝申し上げます。

2016年の干支、丙申(ひのえさる)は「頑張ってきた人の努力が形になる年」です。今まで建設業者として「あるべき姿を常に追求して頑張ってきた私達」が、今年の干支に相応しい成果を上げられるよう精進して参ります。

何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。
皆様のご健勝を心よりお祈り致します。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。 

代表取締役会長 向井 敏雄

2015年NEWS

2015年12月7日 技能五輪全国大会で銀メダル獲得

中央職業能力開発協会主催による第53回技能五輪全国大会が、12月4日~12月7日までの4日間にわたり開催されました。

弊社から、東京都代表「とび競技」に望んだ建築直轄施工部 野田 貴大社員が銀メダルを獲得。しました。

 

 野田 貴大(のだ たかひろ)21歳(2013年入社)

 出身校:佐賀県立 佐賀工業高校 建築科

2015年11月21日 茨城県菅生沼のゴミ収集(ボランティア活動)

ボランティアを通して社会貢献の意識向上を図ることを目的に総務部が中心となって「茨城県菅生沼(すがおぬま)」のゴミ収集活動に毎年参加しています。

2015年11月19日 北関東営業所(移転)・浦和寮(和志の館)開所 

北関東営業所と浦和寮「和志の館(わしのやかた)」の開所式を執り行いました。
浦和寮(和志の館)新設に伴い、北関東営業所が寮内に移転しました。
 
北関東営業所  〒336-0936 埼玉県さいたま市緑区太田窪1-20-16
                    向井建設㈱和志の館
                    TEL 048(811)3366
 
和志の館     〒336-0936 埼玉県さいたま市緑区太田窪1-20-16    
(わしのやかた)          TEL 048(811)3390
 
                    アクセスはこちらから

2015年11月5日 平成27年度 安全衛生推進大会開催

日本教育会館一ツ橋ホールにて「安全衛生推進大会」が開催されました。今年で47回目となり、142名のご来賓の方々をはじめ、社員や協力会社の皆様 814名の参加者により厳粛かつ整然と執り行われました。関係者の皆様のご協力で参加者一同が労働災害防止にむけて更なる活動の決意を誓い合いました。

 また、1年間の安全衛生活動に対し、顕著な成果を上げられた皆様への表彰では、  名・ グループ・ 宿舎が表彰状を授与されました。第2部では建築統括部からの事例発表があり、「大会宣言」・「ゼロコール」で、幕を閉じました。

2015年10月28日 POWER WORK特集記事

汗で稼ぐ人の求人情報誌(フリーペーパー)
POWER WORK:106号 10.28発行に特集記事が掲載されました。
 
特集記事
ばれし職人。 
目標にしたい男たち。
 
 
パワーワークのホームページ:http://powerwork.jp/

2015年10月18日 第14回技能オリンピック開催

第14回技能オリンピックが、埼玉県三郷市のサンケイスポーツセンターで行われ、83名の競技者を含め、総勢333名が参加し盛大に開催されました。 この大会は、技能の伝承、安全意識の高揚はもとより、資格取得の士気高揚と自身の技能レベルの再確認、更には弊社全体の技能レベルアップを図り、活力ある技能者の社会的地位の向上を目的として毎年開催しています。
 
  入賞者一覧             詳しくはこちらから(社内報)

2015年10月9日 2名が建設マスター受賞

東京本社の2名が「平成27年度 優秀施工者国土交通大臣顕彰」(建設マスター)を受賞しました。
「建設マスター」とは、建設産業に従事している現役の技能者の中で、第一線の現場作業に従事し、卓越した技能・技術を有している「ものづくりの名人」です。
 
 平成27年度 受賞者
 写真右:寺坂 基宏 所 長(40歳) 所属:土木統括部 土木第一部 工事一課
     平成6年入社(22年目)  岡山県立津山工業高校 土木科卒業  
 
 写真左:田中 耕一 工事長(46歳) 所属:建築統括部 建築直轄施工部 田中班
     昭和63年入社(28年目) 佐賀県立佐賀工業高校 建築科卒業

2015年10月4日 常総市の一刻も早い復旧を望んで(ボランティア活動)

9月10日台風18号と低気圧の影響により記録的な大雨となった常総市。その大雨により鬼怒川の堤防が決壊し甚大な被害となりました。
被災者の方々は一刻も早い復旧を望んでおり、少しでも被災者のお力になればとの思いからボランティア活動に参加しました。

2015年10月1日 第66期 期首安全祈願祭

 新しい期を迎え、関東地区労働安全衛生委員会・関東地区労働災害防止協力会共催の「第66期 期首安全祈願祭」を明治神宮にて執り行いました。
 
心機一転今までの災害防止活動・安全衛生活動を再認識し、全ての現場が無事故無災害で施工出来ますよう全社一丸となって安全衛生活動に取り組むことを誓い合いました。
 
 皆様、今期もよろしくお願い申し上げます。

2015年9月26日 第66期キックオフミーティング開催

 10月1日新しい期を迎えるにあたり第66期キックオフミーティングを本社にて開催致しました。社員の意思統一が図れるよう現場の方々も出席しやすい土曜日に開催。また、この模様は、テレビ会議で東北支店と岩手営業所に同時中継致しました。
  
第65期の業績報告ののち、社長から第66期経営方針「質の高いチーム体制の追求」発表。
その後、各部門から部門方針を発表して意思統一を図り、最後に会長から総評を頂き閉幕

2015年8月1日 創業107周年記念日

 創業107周年記念式典 社長挨拶(抜粋)
 本日の創業107周年式典が、激動する経営環境の中、今期も持続的な好業績で迎
 えることができたことを共に喜び、そして、常に現場最前線において誠実に頑張
 ってくれた皆さんの努力に、心より敬意を表したいと思います。
併せて、創業以来、世紀を超えて我社の発展を支えてきた歴代経営者や諸先輩の
 ご労苦に対しても、温故知新の思いを忘れず、感謝の念を新たにする次第であり
 ます。~ 中略 ~
 本日の記念式典は、ただ記念日のお祝いをする場ではなく「過去と未来の一接点」
 として位置づけ、私はもとより、社員一人ひとりが、我が社の歴史を振り返りなが
 らも、明るい未来を創造していく決意を新たにし、その実現を目指して精進を重ね
 ることを誓い合う場でありたいと考えております。
 節目の日を迎えたこの場で、皆さんに改めて申し上げたいことは、企業としての一
 番の命題は「発展的存続」であり、それを実現させる当社のキーワードは「安全」
 と「コンプライアンス」、そして「人材育成」の3つだということです。~中略~
 皆さんも、是非、自分のため、家族のため、仲間のため、謙虚にして奢らず常に学
 びの心を大事に自分自身の人間力を高めていきましょう。   ~ 略 ~
                                              代表取締役社長 遠藤 和彦

2015年6月14日 街をみんなで綺麗に(ボランティア活動)

秋葉原の安心と安全を高め、街に笑顔を創出する「AkibaSmileプロジェクト」秋葉原駅前中央通り休日の歩行者天国、街を綺麗にする清掃を行います。
その主旨に賛同し、向井建設も地域企業として活動に参加しました。

2015年5月30日 BCP(事業継続計画)訓練実施

都心南部直下地震発生(発生:30日、午前6時30分)を想定してのBCP訓練実施(東京本社)
朝7時、徒歩で各拠点(本社、他7箇所)を目指して出発(各拠点10km圏内の方々が歩行訓練実施)
9時30分、本社に災害対策本部の設置発令。
12時、昼食は、全員で備蓄非常食(α)を試食。
午後からは、災害対策本部会議(写真)を開催致しました。
 

2015年4月1日 新入社員 34名入社

桜の花が咲き、若草が萌え立つ、まさに春爛漫の本日、私たちは、ここに総勢34名のフレッシュな仲間を迎えることができ、大変嬉しく思っております。 新入社員の皆さんは、東北から九州までの日本各地において、違った環境の中、それぞれの学業を収められ、思い思いの不安や期待を抱きながら、我が向井建設へ入社されました。 私たち先輩一同、皆さんの入社を心から歓迎すると共に、会社の将来を担う立派な建設人として成長されるよう、しっかりとサポートしていかなければと、強い責任を実感しております。

2015年3月20日 大型ダンプ 5台目納車

5台目の大型ダンプを納車しました。
 
写真:納車式(東京本社)
 
業務拡大につき、ダンプ運転手募集中
        詳しくはこちらから
 

2015年3月9日 加藤駿一職長「しごと発見ノート」取材記事

 宮城県発行の「しごと発見ノートNo.7(中学生向け仕事と自分探しハンドブック)」に、本社建築直轄施工部染谷班 加藤駿一職長(宮城県出身)の取材記事が掲載されました

  

    加藤 駿一(かとう しゅんいち)24歳(2009年入社)

  出身校:仙台市立仙台工業高校 建築科

 

 
 

 

2015年1月13日 住吉秀明職長「安全優良職長厚生労働大臣顕彰」受賞

 中央合同庁舎(千代田区霞ヶ関)5号館講堂にて「平成26年度 あんぜんシンポジウム」が開催され、建災防東京支部から推薦された建築直轄施工部 住吉秀明職長が「安全優良職長厚生労働大臣顕彰」の栄に浴しました。

また、授賞式に先立って行われた、「高年齢労働者の労働災害防止に向けた職長の役割」と題したパネルディスカッションにパネリストとして出演しました。

 

 

2015年1月10日 年初工事安全・社運隆昌祈願祭

向井建設グループ、並びに東京徳友会・東京雄翔会・東京職長会共催による「工事安全・社運隆昌祈願祭」を東京本社にて執り行いました。

江戸総鎮守で、神田須田町の氏神様であります神田明神から神職を招いて粛々と神事が執り行われ、今年一年間の工事安全と社業発展を祈願しました。
今年も安全作業に努めてまいりますので、何卒宜しくお願い申し上 げます。

2015年 年頭挨拶

新年明けましておめでとうございます。

 本年も、こうして穏やかな新年を迎えることができましたことに、まずは感謝申し上げます。

2015年は、私たち一人ひとりが、日々反省する謙虚さとお互い様という感謝の心を大事に、明るく前向きな人生が送れるよう普段の生活態度から精進して参ります。

何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。
皆様のご健勝を心よりお祈り致します。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
 

代表取締役社長 遠藤 和彦

2014年NEWS

2014年12月17日 大型ダンプ(4号車)納車

大型ダンプ 4号車を納車しました。
 
 
写真:納車式(東京本社)

2014年12月10日「建設産業で働く女性がカッコイイ」に掲載

 技術管理部技術支援課 プロジェクトチーム『Team MUKAI』女性メンバーの取材記事が建設産業Jobポータル:建設現場へGO!「建設産業で働く女性がカッコイイ」に掲載されました。
 
  
建設産業で働く女性がカッコイイhttp://genba-go.jp/know/woman/

2014年12月5日 鶴見工事事務所 茂木所長「功績賞」受賞

鶴見工事事務所 茂木所長は、明治安田生命ホールで開催された2014年度 主職団体年末・年始災害防止大会」にて、日ごろの災害防止の功績が認められ、東京建設躯体工業共同組合からの推薦で「功績賞」を受賞した。
 この大会では、建設関連主職5団体の各団体から3名が表彰され、東京建設躯体工業共同組合は、毎年建設マスター受賞者の中より無災害に貢献のあった方から推薦している。

2014年12月1日 技能五輪全国大会で金メダル獲得

中央職業能力開発協会主催による第52回技能五輪全国大会が、11月28日~12月1日までの4日間にわたり愛知県で開催されました。

弊社から、東京都代表「とび競技」に望んだ建築直轄施工部 荒川 真社員金メダルを獲得しました。

 

 荒川 真(あらかわ しん)21歳(2012年入社)

 出身校:長崎県立島原工業高校 建築科


 

2014年11月13日 東北支店 福島信明工事長 瑞宝単光章受章

東北支店長の福島班 福島信明工事長が、秋の叙勲で瑞宝単光章を受章した。今回の受章に対して福島工事長は、「この度の受章は永年にわたり向井会長、遠藤社長をはじめお客様、従業員、協力業者の皆々様から頂いた御指導御鞭撻の賜であり心より感謝しています」と感慨深く喜びを表した。この叙勲は国家または社会に対する功労者を対象に、国が毎年春と秋に授与する栄典のひとつで、今年は11月13日に秋の叙勲伝達式が行われました。
 

2014年11月6日 平成26年度 安全衛生推進大会開催

日本教育会館一ツ橋ホールにて「安全衛生推進大会」が開催されました。今年で46回目となり、126名のご来賓の方々をはじめ、社員や協力会社の皆様782名の参加者により厳粛かつ整然と執り行われました。関係者の皆様のご協力で参加者一同が労働災害防止にむけて更なる活動の決意を誓い合いました。

 また、1年間の安全衛生活動に対し、顕著な成果を上げられた皆様への表彰では、68名・4グループ・5宿舎が表彰状を授与されました。第2部では建築統括部からの事例発表があり、「大会宣言」・「ゼロコール」で、幕を閉じました。

2014年10月19日 第13回技能オリンピック開催

第13回技能オリンピックが、埼玉県三郷市のサンケイスポーツセンターで行われ、96名の競技者を含め、総勢340名が参加し盛大に開催されました。 この大会は、技能の伝承、安全意識の高揚はもとより、資格取得の士気高揚と自身の技能レベルの再確認、更には弊社全体の技能レベルアップを図り、活力ある技能者の社会的地位の向上を目的として毎年開催しています。

 

2014年10月10日 山中富士夫職長 建設マスター受賞

東京本社、技術管理部の山中富士夫職長が「平成26年度 優秀施工者国土交通大臣顕彰」(建設マスター)を受賞しました。今回の受賞について山中職長は「たいへん光栄で嬉しいです。授賞式に出席して、改めて、すごい賞だと実感しました。会社の方々、協力会社、現場で一緒に汗を流した仲間ほか、皆さんのおかげだと感謝しています。本当にありがとうございました。」と丁寧にお礼を述べた。

2014年10月1日 第65期 期首安全祈願祭

 新しい期を迎え、関東地区労働安全衛生委員会・関東地区労働災害防止協力会共催の「第65期 期首安全祈願祭」を明治神宮にて執り行いました。
 
心機一転今までの災害防止活動・安全衛生活動を再認識し、全ての現場が無事故無災害で施工出来ますよう全社一丸となって安全衛生活動に取り組むことを誓い合いました。
 
 皆様、今期もよろしくお願い申し上げます。
 
 
 
 

2014年9月28日 第65期キックオフミーティング開催

 10月1日新しい期を迎えるにあたり第65期キックオフミーティングを本社にて開催致しました。社員の意思統一が図れるよう現場の方々が出席できる日曜日に開催。また、この模様は、テレビ会議で東北支店と岩手営業所に同時中継致しました。
  
会長から挨拶並びに第64期業績報告を頂き、社長から第65期経営方針の発表。
その後、各部門の方針発表により意思統一を致しました。
 
 
 
 
 

2014年9月24日 POWER WORK特集記事

汗で稼ぐ人の求人情報誌(フリーペーパー)
POWER WORK:080号 09.24発行に特集記事が掲載されました。
 
 

2014年9月19日 建設産業史研究会にて講演

 建設産業史研究会 第74回講演会が浜離宮建設プラザ(東京都中央区)にて開催され、弊社 代表取締役会長 向井敏雄が「若者が夢を描けるライフステージプラン」と題し講演を行いました。
 
長年に亘って若手の技術・技能者を積極的に採用して人材の育成に悪戦苦闘しながら、建設業の厳しい就労環境の中で「若者が夢を描けるライフステージプラン」に取り組んできた活動内容を紹介致しました。後日、建設産業史研究会ホームページに講演録と講演資料が掲載されます。
 
   建設産業史研究会ホームページ
http://library.ejcs.opac.jp/cgi-bin/board.cgi
 
 
日刊建設通信新聞(10月24日)掲載記事

2014年8月24日 ボランティア活動に参加

 弊社は、企業の社会的責任・貢献を果すために、千代田区を中心にボランティア活動をしている「ちよだボランティアクラブ」に企業登録しています。これにより、社員の地域に密着したボランティア活動の実施と社会貢献の意識向上を図っています。
 
 
秋葉原の安心と安全を高め、まちに笑顔を創出する「秋葉原のお掃除&パトロール Akiba Smile」に参加しました。
 遠藤社長をはじめ総勢14名がまちをきれいにする清掃活動に汗を流しました。

2014年8月1日 創業106周年記念日

 創業106周年の記念日を迎えました。
 創業以来、歴代経営者は「誠心誠意」をモットーに諸先輩の方々と幾多の困難
 を乗り越えて会社の存続と発展を支えてこられました。
 そのご苦労に対し、この場をお借りいたしまして、改めて敬意を表する次第です。
 そして、本日の記念式典おいて、全社で86名の方々が表彰を受けられることに
 なっています。    ~ 中略 ~
 私たちは、「社会に信頼されながら、誠実に行動する」というコンプライアンス
 の原点を、一人ひとりが仕事に取り組む姿勢として、当たり前のように徹底でき
 ている、そんな企業風土を創っていかなければなりません。
 どんな厳しい難局に直面しても、自分のために、仲間のためにも、先人たちから
 受け継いだ「誠心誠意」の精神を忘れず、常に正々堂々と問題解決に立ち向かって
 行きましょう。    ~ 略 ~
              代表取締役社長 遠藤 和彦(記念式典挨拶、抜粋)

2014年7月31日 向井会長、対談記事

 日刊建設工業新聞 7月31日(木曜日)
 
 建設再興対談シリース 人・未来・創造
 
  元国土交通事務次官の佐藤直良氏と向井会長の対談記事が掲載。
 
  専門工事業の視点で生産性の向上や技能者教育などについて意見を
  交わしました。
 
 

2014年7月30日 ベトナム技能実習生 取材記事

 日刊建設工業新聞 7月30日(水曜日)
 
 スコープ 人材育成
 
 ベトナム技能実習生(2期生:とび)
 グエン・ヴァン・クエ(建築直轄施工部)さんの取材記事が掲載。
 
 伊東屋銀座本店建て替え工事(設計・施工:大成建設 様)
 

2014年7月23日 POWER WORKに求人情報掲載

汗で稼ぐ人の求人情報誌(フリーペーパー)
POWER WORK:076号 07.23発行に求人情報を掲載
 
パワーワークのホームページ:http://powerwork-freeweb.com/
 
 
 

2014年5月31日 BCP(事業継続計画)訓練実施

都心南部直下地震発生(発生:30日、午後9時)を想定してのBCP訓練実施(東京本社)
地震発生の翌朝7時、徒歩で各拠点(本社、他8箇所)を目指して出発(各拠点10km圏内の方々が歩行訓練実施)
10時、本社に災害対策本部、食堂、休憩所などを設置。
12時、昼食は、全員で備蓄非常食(α)を試食。
午後からは、災害対策本部会議(写真)を開催致しました。
 

2014年4月26日 大型ダンプ 2台(2号車、3号車)納車

昨年10月に引き続き、2台(2号車、3号車)の大型ダンプを納車しました。
 
 
写真:納車式(東京本社)

2014年4月1日 新入社員 30名入社

桜の花が咲き、若草が萌え立つ、まさに春爛漫の本日、私たちは、ここに総勢30名のフレッシュな仲間を迎えることができ、大変嬉しく思っております。 新入社員の皆さんは、東北から九州までの日本各地において、違った環境の中、それぞれの学業を収められ、思い思いの不安や期待を抱きながら、我が向井建設へ入社されました。 私たち先輩一同、皆さんの入社を心から歓迎すると共に、会社の将来を担う立派な建設人として成長されるよう、しっかりとサポートしていかなければと、強い責任を実感しております。

2014年2月20日 ベストプラクティス表彰「国際委員長賞」受賞

ベトナム現地における入国前事前教育事業で、日本式の施工技術や日本の生活習慣・マナーなどを含めて教えることで、訪日後すぐに現場での作業に従事可能な人材を育成していることが高く評価され、ベストプラクティス表彰最高の賞「日本建設業連合会 国際委員長賞」を受賞。建設新聞三紙に掲載されました。

2013年NEWS

2013年12月12日 ベトナム技能実習生育成事業がJICAと契約

国際協力機構(JICA)との間で、ベトナム国建設専門工事技能の育成に向けた事業について契約を結んだ。 この事業は、日本の専門工事業が現場で行っている施工方法、施工管理、技術技能を海外に輸出するしくみを事業化した。 ベトナムの建設技能研修学校で、当社や協力企業の専門工事技能者を講師として派遣し、安全管理、品質管理、生産性向上、日本式技能の習得、日本語などの教育を行っていることがJICAに評価され支援を受けることとなった。 ベトナム人技術・技能者のレベルを高めることで、日本のゼネコンが海外で工事を受注した際に研修生が対応できる体制を構築すると共に、ベトナムの建設現場全体がレベルアップする事を目的とした事業です。
 

2013年11月26日 鈴木博之社員 建設ステーション技能者 顕彰受賞

東京本社、土木統括部工事二課所属の鈴木博之社員が、『東京都魅力ある建設事業推進協議会(CCI東京)』より、優秀技能者に選考され表彰を受けました。 この表彰は、技能者の地位向上を目的に、高度な技能と専門知識によりリーダーシップを発揮し、若者の指導に長けた経験豊富な技能者を、厳正な審査の上、選考される。 今回の受賞は「東府中作業所」より推薦を頂いたもの。 表彰の際、司会者から「現場施工に励んだ仲間と良いものを創りたいという思いを持ち、自分だけでなく周囲の仕事が円滑に進むよう気配りながら、日々の施工に取り組んでいらっしゃいます」と紹介されました。 
 

2013年11月8日 東北支店長 草野昭男常務取締役 瑞宝単光章受章

東北支店長の草野昭男常務取締役が、秋の叙勲で瑞宝単光章を受章した。今回の受章に対して草野支店長は、「この度の受章は永年にわたり向井会長、遠藤社長をはじめお客様、従業員、協力業者の皆々様から頂いた御指導御鞭撻の賜であり心より感謝しています」と感慨深く喜びを表した。この叙勲は国家または社会に対する功労者を対象に、国が毎年春と秋に授与する栄典のひとつで、今年は118日に秋の叙勲伝達式が行われました。
 

2013年10月17日 仕田義人職長 建設マスター受賞

東京本社、建築直轄施工部の仕田義人職長が「平成25年度 優秀施工者国土交通大臣顕彰」(建設マスター)を受賞しました。今回の受賞について仕田職長は「本当にありがとうございました。皆様のおかげです。自分一人の力では戴けない賞であって、会社の方々、先輩、後輩ほか皆さんのおかげだと感謝しています」と丁寧にお礼を述べた。
 

2013年10月2日 大型ダンプ(1号車)納車

汚染土壌事業への積極的進出を実現するために、自社運搬車両を保有しました。

2013年6月18日 仙台「ろりぽっぷ幼稚園・保育園」から感謝状授与!

東北支店は仙台市若林区にある「ろりぽっぷ幼稚園・保育園」の呼びかけに応じ、「盛土の無償提供」を行ったところ、同園から感謝状の授与を受けました。この記事が6月18日の建設新聞に掲載されました。
 

2013年5月10日 産業廃棄物収集運搬業許可 取得

産業廃棄物収集運搬業許可を、東京都から取得しました。
業の区分 収集・運搬(積替え保管を除く)

2013年 3月7日 安全優良職長厚生労働大臣顕彰受賞 佐藤利之職長

東北支店の相原正班に所属する佐藤利之職長は、「安全優良職長厚生労働大臣顕彰」を受賞しました。
 

2013年12月12日

   ベトナム技能実習生育成事業がJICAと契約

2013年11月26日 

   鈴木博之社員「建設ステーション技能者顕彰」受賞

2013年11月8日

   東北支店長 草野昭男常務取締役「瑞宝単光章」受章 

2013年10月17日

   仕田義人職長「建設マスター」受賞

2013年10月2日

   大型ダンプ(1号車)納車
    汚染土壌事業への積極的進出を実現するために、自社運搬車両を保有しました。
向井建設株式会社
〒101-0041
東京都千代田区神田須田町2-8-1
───────────────────────
建設業
───────────────────────
1
1
9
1
4
5