グループ企業
向井建設へのメールフォームからのお問い合わせはこちらから

NEWS(2017年5月~2016年10月)

5月26日 向井 敏雄 会長 旭日小綬章 受章祝賀会

一般社団法人 日本機械土工協会、並びに建設産業専門団体関東地区連合会会長を務めます、弊社の向井 敏雄 会長の旭日小綬章祝賀会が、ホテルグランドパレスにて開催されました。
 
勲章拝受の御挨拶
拝啓 皆様におかれましては益々ご清栄の御事とお慶び申し上げます。
                      私儀
平成29年春の叙勲にさいし、旭日小綬章の栄に浴しましたところ、ご懇篤なるご祝意を頂戴致しまして誠に有難く厚く御礼申し上げます。
これもひとえに皆様のご高配の賜と深く感謝申し上げます。
今後とも皆様のご厚情に報いるべく一層の精進を心掛けて参る所存でございますので従前にもましてご指導ご鞭撻を賜ります様よろしくお願い申し上げます。
末筆ではございますが御尊家皆々様の益々のご健勝とご多幸をお祈り申し上げ御礼のご挨拶とさせて頂きます。     
                       謹白
平成29年5月吉日           向井 敏雄
 
日刊建設工業新聞 2面記事(2017年5月30日)                               

2017年5月19日 向井 隆晃 常務の記事が掲載されました。

「躯体工事業若手経営者座談会」
若手経営者6名が、国土交通省土地・建設産業局 建設市場整備課長 木村 実 氏を交えて、未来へつなぐために「現状を踏まえて、いま何をしなければならないのか」「人材の育成を含め将来に向けてどのような取り組みをしていくべきか」などについて意見交換した内容が掲載されました。
 
 

2017年5月14日  【お祭りクラブ】「神田祭」で町内会の御輿を担ぎました。

江戸時代から続く「日本三大祭り」のひとつ、東京都千代田区の神田明神「神田祭」 今年は2年に1度の本祭りで、14日(日曜日)は、祭りの最大の見せ場「神輿宮入(みこしみやいり)」を迎えた。
 弊社の「お祭りクラブ」のメンバーは「神田須田町二丁目町会」の御輿を担ぎ、町内会の方々と共に、威勢のよい掛け声を上げ続け宮入り。今年は、女子社員3名と今年入社した新入社員3名も参加し大盛況でした。
 
 神田祭は江戸時代、祭りの行列が江戸城の中に入ることが許され、将軍がその様子を見て楽しんだことから「天下祭り」と呼ばれていたそうです。

2017年5月10日 「国交省 勲章伝達式」向井 敏雄 会長

東京プリンスホテルにて「国交省 勲章伝達式」が執り行われ、向井 敏雄 会長が旭日小綬章の勲章と勲記(証書)を受け取りました。午後から受章者はバスに分乗して皇居拝謁に向かいました。
 
旭日小綬章(きょくじつしょうじゅしょう)とは
日本の勲章の一つで、旭日章(きょくじつしょう)6つのなかで4番目に位置する。2002年(平成14)8月の閣議決定「栄典制度の改革について」により、「勲四等旭日小綬章」から勲四等が省かれた。
対象者は、公益団体では全国および都道府県を活動範囲としている団体の長、企業経営者では経済社会の発展に対する寄与が大きい企業、国際的に高い評価を得た企業や技術がとくに優秀な企業の最高責任者である。

2017年4月29日  【春の叙勲】 向井 敏雄 会長が旭日小綬章の栄に浴しました

2017年 春の叙勲
この度、(一社)日本機械土工協会、建設産業専門団体関東地区連合会の会長を務めています向井 敏雄 会長が永年にわたり建設専門工事業界の振興と社会の発展に寄与した功績が認められ、旭日小綬章(きょくじつしょうじゅしょう)の栄に浴されました。
 
     

2017年4月1日 新入社員 31名入社

桜の花が咲き、若草が萌え立つ、まさに春爛漫の本日、私たちは、ここに総勢31名のフレッシュな仲間を迎えることができ、大変嬉しく思っております。 新入社員の皆さんは、東北から九州までの日本各地において、違った環境の中、それぞれの学業を収められ、思い思いの不安や期待を抱きながら、我が向井建設へ入社されました。 私たち先輩一同、皆さんの入社を心から歓迎すると共に、会社の将来を担う立派な建設人として成長されるよう、しっかりとサポートしていかなければと、強い責任を実感しております。

2017年3月31日 入職促進ガイドブック「建設業編」とび職種

中央職業能力開発協会が作成した
入職促進ガイドブック(パンフレット)の「建設業編」
とび職種の紹介に、弊社の取材記事が掲載されました。
このガイドブックは、各都道府県の技能振興コーナー(都道府県職業能力開発協会)を通じ工業高校等へ配布されるとともに、技能検定制度に係わるポータルサイト「技のとびら」に掲載されます。
是非、ご覧下さい。

技能検定制度に係わるポータルサイト「技のトビラ」

入職促進ガイドブック「建設業編」

2017年1月22日 第2回建設職人甲子園 全国決勝大会

建設業に携わる職人が仕事や業界への熱い思いをプレゼンテーションで競う
「第2回建設職人甲子園 全国決勝大会」が幕張メッセ イベントホール
(千葉県千葉市美浜区)で開催。
 
土木統括部 土木直轄施工部 重架設グループが出場し
仕事上で起こした失敗から仲間の励ましで立ち直り「絶対安全・絶対品質」
を掲げて仲間と共に妥協を許さない施工を守り続けるまでをを熱く語った。

 
残念ながら、優勝は逃しましたが
ご観覧いただいた方々には、壇上メンバーの建設業界で働く楽しさ
建設職人の誇りを感じていただけたと思います。
 
全国大会  優勝:株式会社 絆 (神奈川地区代表)
  〃 準優勝:向井建設株式会社(東京地区代表)
 
当社は、これからも「建設職人甲子園」の活動を応援致します。
建設職人甲子園HP 公式テーマソング「人生の美しさ」
 
全国決勝大会の新聞記事
日刊建設通信新聞 日刊建設工業新聞 リフォーム産業新聞
 

2017年1月7日 年初工事安全・社運隆昌祈願祭

向井建設グループ、並びに東京徳友会・東京雄翔会・東京職長会共催による「工事安全・社運隆昌祈願祭」を東京本社にて執り行いました。
江戸総鎮守で、神田須田町の氏神様であります神田明神から神職を招いて粛々と神事が執り行われ、今年一年間の工事安全と社業発展を祈願しました。
今年も安全作業に努めてまいりますので、何卒宜しくお願い申し上 げます。

2017年1月4日 年頭挨拶

新年明けましておめでとうございます。
本年も、輝かしい新年を迎えられたことを心より感謝申し上げます。
何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。
2017年が皆様、そして、そのご家族にとりまして、幸福感と感動に
あふれた一年になりますよう心からお祈りし、私の年頭挨拶とさせて
いただきます。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
代表取締役社長 遠藤 和彦

2016年11月16日 ものつくり大学に「ダーウィン寄贈」の橋渡し

日建リース工業様から、新世代足場NDシステム「ダーウィン」を「ものつくり大学」(埼玉県行田市)に教育訓練用として寄贈されました。
今回の寄贈は、弊社 向井会長の橋渡しで実現しました。
弊社には、ものつくり大学の卒業生11名が在籍し、現在、会社・現場で活躍しています。
 
日建リース工業株式会社      ものつくり大学(埼玉県行田市)

2016年11月16日 第2回建設職人甲子園 全国決勝大会に出場決定

第2回建設職人甲子園 全国決勝大会に 
土木統括部 土木直轄施工部 重架設グループが出場決定
 
 
 第2回建設職人甲子園 全国決勝大会のご案内
 日時:2017年1月22日(日曜日)10時~17時
 会場:幕張メッセ イベントホール(千葉県千葉市美浜区)
 
全国決勝大会は
ひとり一人の職人が主役となり、輝けるステージに立ちます。
子供達が憧れるような建設業界を目指し、魂の叫びをプレゼンテーション形式で発表します。
是非、応援を宜しくお願い致します。
 

2016年11月8日 平成28年度 安全衛生推進大会開催

日本教育会館一ツ橋ホールにて「安全衛生推進大会」が開催されました。今年で48回目となり、147名のご来賓の方々をはじめ、社員や協力会社の皆様 835名の参加者により厳粛かつ整然と執り行われました。関係者の皆様のご協力で参加者一同が労働災害防止にむけて更なる活動の決意を誓い合いました。

また、1年間の安全衛生活動に対し、顕著な成果を上げられた皆様を表彰いたしました。

第2部では建築統括部からの事例発表があり、「大会宣言」・「ゼロコール」で、幕を閉じました。

2016年10月24日 やまがた技能五輪全国大会でダブル受賞

中央職業能力開発協会主催による第54回技能五輪全国大会が、10月21日~24日までの4日間にわたり開催されました。

弊社から、東京都代表と千葉県代表で2名が出場して銀メダル・銅メダルのダブル受賞をいたしました

 


銀メダリスト:布施 龍一(2014年入社)山形県立長井工業高校卒

銅メダリスト:菅原 友飛(2014年入社)秋田県立大館工業高校卒

 

 

2016年10月16日 第15回技能オリンピック開催

第15回技能オリンピックが、埼玉県三郷市のサンケイスポーツセンターで行われ、98名の競技者を含め、総勢351名が参加し盛大に開催されました。 この大会は、技能の伝承、安全意識の高揚はもとより、資格取得の士気高揚と自身の技能レベルの再確認、更には弊社全体の技能レベルアップを図り、活力ある技能者の社会的地位の向上を目的として毎年開催しています。
 
  入賞者一覧             詳しくはこちらから(社内報)

2016年10月7日 2名が建設マスター受賞

平成28年度 優秀施工者国土交通大臣顕彰(建設マスター)
東京本社、冨士 尚彦と東北支店、佐藤 盛人 の2名が受賞しました。
「建設マスター」とは、建設産業に従事している現役の技能者の中で、第一線の現場作業に従事し、卓越した技能・技術を有している「ものづくりの名人」です。
 
 平成28年度 受賞者
 写真左:冨士 尚彦 職長・係長(勤続22年)千葉県立流山中央高等学校卒
     所属:東京本社 建築統括部 建築直轄施工部 直轄施工一課 冨士グループ
         
 写真右:佐藤 盛人 工事長補(勤続22年)
     所属:東北支店 福島信明班

2016年10月3日 第67期 期首安全祈願祭

 新しい期を迎え、関東地区労働安全衛生委員会・関東地区労働災害防止協力会共催の「第67期 期首安全祈願祭」を明治神宮にて執り行いました。
 
心機一転今までの災害防止活動・安全衛生活動を再認識し、全ての現場が無事故無災害で施工出来ますよう全社一丸となって安全衛生活動に取り組むことを誓い合いました。
 
 皆様、今期もよろしくお願い申し上げます。

2016年10月1日 第67期キックオフミーティング開催

 本日から、新しい期を迎えるにあたり第67期キックオフミーティングを本社にて開催致しました。社員の意思統一が図れるよう現場の方々も出席しやすい土曜日に開催。また、この模様は、テレビ会議で東北支店と岩手営業所に同時中継致しました。
  
第66期の業績報告ののち、社長から第67期経営方針 質の高いチーム体制の追求(第2期)を発表。
その後、各部門から部門方針を発表して意思統一を図り、最後に会長から総評を頂き閉幕

東日本大震災 BCP(事業継続計画)の立上げから震災復旧活動